SOLAS eyelash

お待たせいたしました!

ついに SOLAS eyelash  をopenいたします。

この春にした二階の改装計画の頃から

少しづつ準備を進め

皆様にご満足頂けるものになるまで、何度もブラッシュアップ、研鑽を重ね

少し時間がかかってしまいましたが

高クオリティで、私たちが自信を持ってご提案できるものができました。

 

<SOLAS eyelash>

♦︎業界最先端のフラットラッシュを使用

フラットラッシュとは?

業界で最も注目されている、最上級な毛質とされています。

今市場に多く出ているセーブル、ミンクの毛質よりも、最軽量でお客様への負担も少なく、持ちが良く、自まつ毛の軽減され、バラけにくい毛質となっております

 

♦︎安全性の高いグルー(接着剤)を使用し、アレルギー反応が出づらく、お客様への安全性を追求しております

♦︎お客様、一人一人の目の形に合わせ、なりたいイメージを叶えます

ご新規の方限定で

フラットラッシュ100本 5300円

フラットラッシュ120本 5900円

フラットラッシュつけ放題 8800円

 

チョコブラウンor ダークブラウン 100本 7300円

チョコブラウンor ダークブラウン 120本 7500円

チョコブラウンor ダークブラウンつけ放題 10800円

全て税込価格。

 

をご用意いたしました。

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000473841/

こちらのネットご予約か

お電話にてご連絡くださいませ。

 

ヘアーとアイラッシュ、同日施術の場合はお電話にてご予約頂けましたらと思います。

 

ご不明点ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

 


hair make job

この秋から

SOLASのスタイリスト 曽根あゆみが

アクセサリーブランド<ete>

のECサイトのヘアメイクを

させて頂いていおります。

 

 

曽根は、2年間イギリスでヘアメイクを学んできた経験を活かし

SOLAS、自身としても

更なるステップアップを目指していっています

 

今後SOLASとしても、このような外部ヘアメイクのお仕事の経験をいかしながら

皆様に期待以上のものをご提案していきたいと思っております

ぜひ私たちにご期待くださいませ!

 

 

<ete>

のアクセサリーはどれも素敵なものばかりです

どうぞご覧下さい。

https://www.eteweb.com

 

 

 


KHA受賞!

SOLASの 森岡がやりました
関西の美容師が目指す
KHA(関西ヘアードレッシングアワード)のフォトコンテストにおいて
最高峰オフィシャル部門
ノミネートを頂きました。
本当にすごい!!
congratulations!!

 

2018年はSOLASの名前をどうにかして業界に出したいね!と挑戦を始め。
出すならKHA!
夫婦2人で決めた!

 

まだまだSOLASの営業も安定しきってない一年目、毎日バタバタで自分の時間がない、それでも必死に考え抜いて、作り出したヘアデザイン。
撮影も大阪地震の際とかぶり、予定していたモデルがこれなかったり、沢山のアクシデントを乗り越えて夜通しで撮った作品。
それが今日、美容師の皆様の素晴らしい作品達の中で、認められる作品となり、こんなに嬉しいことはないよね。

 

 

実は結婚する前、2人とも違うサロンで勤めていた時。
このKHAに2人は挑戦しました。
今回とは違う部門でしたが
森岡はノミネート
僕はノミネート漏れ。

 

僕は悔しくて、悔しくて、京都駅の裏で1人で泣いて帰った。
悔しすぎて彼女の森岡に、おめでとうの言葉も心から正直に言えなかった、とてもとても小さい男でした。
そのことでめちゃケンカした。笑
あの時思えば自分はめちゃくちゃ、とんがっていたし、残念な彼だったかも。
でもね、今日は。
彼女のことが本当に凄いと心から思えました。
心からおめでとう、ありがとう。
今日はとても幸せな気持ち。
心から、すごいよ、本当におめでとう!!
今回僕も、このKHAに作品を出していた。
本気で狙ってた。
嬉しすぎる反面、すごくすごく悔しい。
だから来年、自分がノミネート、賞を取れるよう、全力で頑張ろう。
SOLASのこれからを共に考えているパートナーの
森岡だけど、ライバルには変わりない。
そう思わせてくれる
最高のパートナーだね。
とりあえず、すごく嬉しいけど、すごくすごく悔しいから、自分は来年もっと頑張ります。

 

 

 

森岡が作った二作品

とてもとてもオシャレです

 

https://gamo-kansai.jp/gha/kha/2018/official/

↑こちらのサイトに受賞作品として掲載されています

ぜひご覧ください。

 

漁野陽介


↑